アルバニアホワイトクリーム 効果なし

アルバニアホワイトクリーム効果なしって嘘?本当?

アルバニアホワイトクリーム効果なしって嘘?本当?

 

アルバニアホワイトクリームは口コミでは賛否両論がありますが、実際に試してみたら効果なしだと残念です。

 

ここでは、アルバニアホワイトクリームの成分・効果と使い方について、さらに詳しく説明していきます。

 

⇒アルバニアホワイトクリームの詳細へ

 

 

アルバニアホワイトクリームは効果なし?使い方がポイント!

 

結論としては、アルバニアホワイトクリームが効果なしと感じる場合、使い方を間違っている可能性が高いです。

 

それを実証するためにも、まずはアルバニアホワイトクリームの有効成分について、あらためてまとめてみました。

 

アルバニアホワイトクリームの有効成分について

 

アルバニアホワイトクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ステリアルという、美白に有効な成分が2つ含まれています。

 

トラネキサム酸にはシミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

 

また、グリチルリチン酸ステリアルは植物由来成分で、甘草の根と茎より抽出していて、肌の炎症を抑制し、ニキビ予防、肌トラブルの改善に効果が期待できます。

 

アルバニアホワイトクリームに配合される6つの植物エキス

 

アルバニアホワイトクリームには、美白成分の他にもアンチエイジング効果がある6つの植物エキスが含まれています。

 

1.牡丹エキス

 

紫外線による乾燥から肌を守り肌トラブルを予防してくれます。

 

2.カッコンエキス

 

肌にハリと弾力を与える働きがあります。

 

保湿効果により皮膚のコンディションを良くします。

 

3.コメヌカ油

 

肌のトーンを明るくし、保湿効果があります。

 

4.ユキノシタエキス

 

肌を健康な状態へと導いてくれます。

 

アルブチンが含まれているため、クリアな艶肌を目指せます。

 

5.クロレラエキス

 

タンパク質、葉緑素、ビタミン、無機質といった栄養素を多く含んでいるので、弾力のある肌になれます。

 

6.アロエエキス

 

保湿作用、肌トラブルの予防効果があります。

 

アルバニアホワイトクリームは肌にいい成分だけを厳選しているので、しっかり浸透させると美白を実感でき、効果なしとなる可能性を低く抑えられます。

 

アルバニアホワイトクリームの正しい使い方

 

@使用目安の大き目の真珠1粒くらいを手のひらに乗せ、温めながら頬の中心部分よりこめかみに向けてなじませて下さい。

 

Aフェイスラインを持ちあげるイメージで、額の中心部分よりこめかみに向かいなじませます。

 

B親指の他の4本指で目の周辺をケアして、こめかみ部分をプッシュします。

 

C最後に顔全体をハンドプレスして密着させ、浸透させた後、適量を手に取り塗って、リンパの流れに沿いマッサージして下さい。

 

アルバニアホワイトクリームを使うポイントと注意点

 

@睡眠前に塗るのが最も効果的!

 

肌のターンオーバーは睡眠中に行われるので、睡眠前にアルバニアホワイトクリームを塗ることにより美容成分が新陳代謝を促し、シミの原因であるメラニンの発生を抑制します。

 

A睡眠前以外でも使用することは可能ですが、その際は化粧水、美容液、乳液でケアしてから塗って下さい。

 

洗顔後の水分が浸透していない肌にアルバニアホワイトクリームを塗ると、肌トラブルが起こってしまいます。

 

使用する順番は化粧水、美容液、乳液、美白クリームとなります。

 

B適量を守ろう

 

多く塗れば効果がアップする訳ではありません。

 

適量を継続的に塗り続けるのがポイントです。

 

C他の化粧品との併用も可能ですが、使用する順番は守って下さい。

 

D顔の他のパーツにも使用できます。

 

E万が一、肌に合わない場合は、すぐに使用を止めて下さい。

 

アルバニアホワイトクリームは敏感肌の方でも使用することができる商品ですが、肌は繊細なので、少しの体調の乱れでトラブルを起こします。

 

無理に使用すると逆効果となるので注意しましょう。

 

配合成分を見るとアルバニアホワイトクリームは肌のことを考えて作られているのが分かります。

 

正しい使い方を理解した上で継続してシミ対策を行いましょう。

 

公式サイトで効果と使い方を再チェック。

 

いかがでしょうか?

 

アルバニアホワイトクリームが効果なしという口コミは、使い方を間違っている可能性が非常に高いです。

 

気になった方は、アルバニアホワイトクリームの公式サイトで、詳細をチェックしてみてくださいね。

 

⇒アルバニアホワイトクリームの詳細へ

 

.