アルバニアホワイトクリーム 副作用

アルバニアホワイトクリームは副作用の心配はある?

アルバニアホワイトクリームは副作用の心配はある?

 

肌に直接塗って使う美白クリームのアルバニアホワイトクリームですが、毎日肌に付けるモノなので副作用や危険性がないかどうか心配という人が多いでしょう。

 

ここでは、アルバニアホワイトクリームの配合成分と安全性について、確認した結果をご紹介していきます。

 

アルバニアホワイトクリームに興味があるけど副作用が気になるという人は、ぜひ見て欲しいと思います。

 

⇒アルバニアホワイトクリームの詳細へ

 

 

アルバニアホワイトクリームの主成分トラネキサム酸の副作用は?

 

最初に、アルバニアホワイトクリームの主な有効成分である、トラネキサム酸について説明していきます。

 

トラネキサム酸とは肝斑を改善する効果があることが実証されている成分で医療機関でも使用されていて、「肝斑」という診断を受けた患者に処方されています。

 

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れにより起こる症状と言われています。

 

ですが、直接女性ホルモンに影響を与える成分ではないので、安心して使うことが可能です。

 

この成分は元々、抗炎症薬、止血剤に使用され、医療現場で使われていた薬なので、安全性が高いのが特徴と言えます。

 

さらに、のどの炎症を予防する効果もあり、また歯磨き粉にも使用されることもある成分です。

 

これらの点から、危険がある成分ではなく、安心して毎日使用することができる成分と言えます。

 

アルバニアホワイトクリームの主成分グリチルレチン酸ステアリルの副作用は?

 

アルバニアホワイトクリームの主成分の1つであるグリチルレチン酸ステアリルは、シャンプーや石鹸にも使用されている成分です。

 

グリチルレチン酸ステアリルは高い消炎効果があり、肌トラブルやニキビ予防に有効です。

 

医療現場では皮膚炎の治療薬として使用されているくらい、肌に優しい成分です。

 

化粧品にも配合されていて、ニキビの炎症を抑制する効果も期待できます。

 

ニキビ対策の化粧品にグリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれる成分がよく配合されていますが、グリチルレチン酸ステアリルはグリチルリチン酸ジカリウムの2倍もの抗炎症効果があるんです。

 

グリチルレチン酸ステアリルもトラネキサム酸と同じく、安全性の高い成分であることがデータからも実証されています。

 

また、アルバニアホワイトクリームの口コミをチェックしたところ、副作用が出た、肌トラブルが起こったという口コミは見つかりませんでした。

 

アルバニアホワイトクリームは副作用が出る可能性は低いです。

 

いかがでしょうか?

 

アルバニアホワイトクリームは成分からも口コミからも、副作用がなく安心して使うことができるクリームと言えます。

 

公式サイトでも成分の詳細が読めますので、一度ご覧になってみてくださいね。

 

⇒アルバニアホワイトクリームの詳細へ

 

.